本日の夜ご飯は
比内地鶏入りのきりたんぽ鍋。
きりたんぽの本場、秋田県大館市の親戚から届きました!
お腹に余裕がある時は稲庭うどんも入れて食べます。
秋田の郷土料理を子供がもりもり食べてくれて嬉しい☺️

#陽気なお母さんの店
#きりたんぽ
#比内地鶏
#秋田県
#郷土料理 🌼🌼🌼

今日は3本収録なんです。
なんか最近みっちり毎日仕事。
そろそろ美味しいお寿司でも
食べたい気分ですよ。🍣 ついに、@shuuemura のグローバルブランドアンバサダーに就任しました😭✨🙏

寄っかかったら
鏡割れました😂

世界中で鏡割ってます😉

そして、一本のリップに名前が付きました🙏
Naomi's redwood
BR 784
絶妙なレッド+ブラウンで使いやすいお色です🌸
お試しあれ😉

#shuuemura 来週は世界でもっとも環境に優しい形で作ったサステイナブルデニムコレクションの発表なの。すっごくたのしみ😊👖🌏🌱@studior330
I’m very excited to announce that my new sustainable denim collection will launch next week✨

オススメ!!

人気有名人の投稿まとめ

フィラデルフィア美術館 さんのインスタグラム(philamuseum) - 2020年8月2日 04時45分 The still life genre began with Netherlandish painting in the 1500 to 1600s—in fact the English term “still life” derives from the Dutch word “stilleven.” In this painting, the artist portrayed an impossible bouquet: the flowers you see bloom at different times of the year. Each flower is given equal illumination, but the most prominent are three-striped tulips, which were especially prized in early 1600s Holland. The artist also included shells, insects, and two cups of “kraal” porcelain, imported from China. Flower still lifes were the specialty of painters in Middelburg and were among the most expensive kind of paintings available in the Dutch republic, their prices rivaling, and often surpassing, the largest and most complicated history paintings.

“Still Life with Flowers in a Vase,” 1617, by Christoffel van den Berghe
フィラデルフィア美術館のアイコン フィラデルフィア美術館
1,957 13
2020/8/2

フィラデルフィア美術館 さんの最新のインスタ

フィラデルフィア美術館を見た方におすすめの有名人

フィラデルフィア美術館の人気のインスタグラム